ただいま施行中

ただいま施行中

中野川の家、リフォームスタート!

中野川の家のリフォームがスタートしました。

まずは浴槽解体、天井・壁・床と解体していきます。

50年以上前の家なので、当然天井にも床にも断熱材は入っていません。

もちろん、今回全部に断熱材を入れていきます。

昔の家は、造りが丁寧で、全部が手加工なので
解体すること自体がとても勉強になります。

たとえば、梁がアーチとなって建物を支えているので、

柱を撤去するときも、大掛かりな補強がいらなかったりします。

昔の作り方だからできることです。

ちなみに、田舎の家ならではの「芋壺」も発見しました!

床組みをして断熱材を入れ、コンパネを貼っていきます。

UBが建物の奥にあるため、床がないとUB土間打設も大変。

打設してからUBの組付けを行うことにしました。

こちらはUBの土間を打っているようす。

2月中旬の完成を目指します。

またご報告します。

このページのトップへ