章愛建設通信

章愛建設通信

2018年の振り返りと2019年の豊富

今日は章愛建設の仕事納めの日。

施工例もアップしておきましたのでまたご覧ください^^

今年もたくさんのおうちの施工を手掛けました!

ほりうちさんにとって2018年は、ひとつ大きな苦難を乗り越えた年でした。

今年2月に公開して意味深なブログ、覚えていらっしゃるでしょうか。

去年の年末に、ほりうちさんにとってとてもショックの大きなことが起こりました。

いろいろ端折ってお伝えすると、大切な大工さんが一人去っていったのです。

ずっと一緒にやってきた仲間。

とてもとてもつらかったのですが、本人の決断だったのでほりうちさんは止めませんでした。

 

この夏、ほりうちさんはビアガーデン開催したのですが、その大工さんも呼びました。

「このビアガーデンには大切な人しか呼んでいない」と添えて。

最近涙もろいというほりうちさん、涙ながらに挨拶をしたそうです。

 

その数か月後、大工さんはほりうちさんの元に戻ってきました!

 

今日は章愛建設の忘年会。

去年と同じメンバーで開催されることをほりうちさんはとてもうれしそう話してくれました。

今年で13期を迎えた章愛建設。

最初から一貫しているのは、「人を大事にする」こと。

ほりうちうさんは、人の陰口を言いません。

陰口を言うひとの顔は般若のよう。

陰口を言うためには、その人と同じレベルまで下りないといけない。

それよりも笑う門には福来る!

辛くても笑っていれば、いいことは起こるのです。

それを証明したような一年でした。

ほりうちさんは人を大切にする人です。

創立して13年経った今も、大工のメンバーが変わっていないのがそれを物語っています。

今日は、若手メンバーが10年前に出したという履歴書とお手紙を嬉しそうに見せてくれました。

ちなみに来年の4月には、荏原小ソフトボール部の教え子が入社予定!

とてもまじめでいい子だそうです。

楽しみです。

大工が年々減ってきている今、こうやって若い子が入ってきてくれるのはそれだけ章愛建設が魅力的な証拠だと思います。

希望しかありません。

ブログを振り返りながら、

25年通い続けている「こうらくえん」の話もしました。

先日、章吾君と一緒に訪れた際、

お母さんがタレとキムチを章吾君に包んでくれたそうです。

「これさえあれば、なんでもこうらくえんの味になるから!」と準備してくれたお母さん。

「僕なんて25年通って、一度ももらったことないですけどね(笑)」と笑いながら、

章吾君にプレゼントしてくれるのが、自分がプレゼントされるよりもうれしいと喜んでいました。

こちらは荏原小ソフト部に渡したプレゼント。

中にはたくさんのお菓子がはいっています!

「今日はクリスマスやろ・・・?なんと、プレゼントがあります!!!」とほりうちさんが発表すると、

子どもたちが大喜びしたそうです。

かわいいですね^^

我が家にも毎年、ほりうちサンタからプレゼントが届いています。

ありがとうございます!!!

こうやって人を大切にしている章愛建設だから、これからもずっと繁栄し続けていくでしょう^^

 

2019年の豊富は「育てる」とのこと。

今よりもっと人に手をかけて、育てていきたいとのこと。

楽しみですね!

 

さぁ、最後にいつものごとく食い倒れの記録でしめたいと思います。

丸源ラーメンのラーメン。

ちとせ食堂の「酢どり」

三津のステーキガスト。

ふうふう邸の、肉巻きとガリ巻き。

平井のたも屋。

最近お気に入りのほか弁の「鮭スペシャル」。

ふくらくの、鯛めしセット。

みなっとのちゃんぽん。

きらら館のじゃこてん。

章吾君を迎えに行ったときに一緒に行った屋台。

きびなごの天ぷら最高だったそうです^^

こちらも福岡の焼き鳥屋さん。

食べるだけではなく(笑)、章吾君の家の玄関にこんな小工事をしてきましたよ。

今年もたくさん食べ歩きしたほりうちさん。

薬を飲みながら、体をリフォームしながら飲み食いしているそうです(笑)

 

みなさまも、おいしくて楽しい年末年始を!

来年もどうぞよろしくおねがいします。

♦ライタープロフィール♦
せいかつ編集
大木春菜

章愛建設のご近所に住む、フリーライター。
章愛建設の家づくりへの想い、社長であるほりうちさんの温かい人柄を、私目線でお伝えしていきます^^

家づくりコラム

vol.04 こどもの夢を育てること
Vol.03 “本当によいもの”はクチコミで広がる

章愛建設通信

ほりうちさんは子ども好き!? 〜ローズ旗少年ソフトボール選手権大会〜
弟子がやってきた!

章愛建設のブログ

ただ今施工中!!

減築・新築・外構工事・プチ工事
弥生時代の台所

このページのトップへ